FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダナー&iroha「いろは」

アウトドアブーツの老舗ブランド、ダナー(1932年、米ウィスコンシン州チペワフォールズにて創業)といろはのコラボレーションブーツ「sashiko」。アッパーに二重刺し子×コードバンを採用した日本限定の大変貴重なアイテムです。
danner.jpg

アイテム:レースアップブーツ
モデル:SASHIKO(さしこ)
品番:D-35400X
製法:ステッチダウン
アッパー素材:手織り二重刺し子のコットン地×コードバン
ライナー:手織り二重刺し子のコットン地
※ゴアテックスは使用されていません。
ソール:ビブラム社製クレッターリフトソール
ワイズ:EE相当
カラー:ブラックのみ
製造国:日本
総生産数:120足(数量限定)
価格:78,750円(税込)

Long-established store brand of outdoor boots, Danner /a (in 1932, it is founded in State of U.S. Wisconsin チペワフォールズ) and collaboration boots "sashiko" of the Japanese alphabet. It is a very precious item of the Japanese limitation that adopted double quilting × cordovan leather to upper.

户外长筒皮靴的老铺子名牌,(在1932年,在美国威士康星州チペワフォールズ开办)和长筒皮靴伊吕波的协助"sashiko。"是啊糊涂,并且采用了双重布片×电码卡车的日本限定的非常值钱的项目。
スポンサーサイト

ユナイテッドアローズ&LEE&iroha(いろは)

江戸火消し文化の象徴である「刺し子半纏」、その刺し子生地を利用したカジュアルウェアをユナイテッドアローズ様、エドウィン(LEE)様と共同で企画制作しました。
「刺し子」
刺し子とは布地を細かく、いわゆる雑巾刺しに縫ったものでつくった衣服の呼び名で、江戸時代に使われだし、防火被服や野良着など庶民の生活にとってなじ みのある「用の美」として広く用いられていた。火事場装束としての刺し子は、木綿製の布地を二重三重に重ね合わせてつくられているため、吸水性に富んでいた。乾いたままでは火事場の熱を多く吸収して しまうので、火事場に赴く時には、頭から水をかぶって出場していたという。また、もともとは寒い時期を暖かく過ごすための庶民達の知恵として、北国など の農民や庶民たちが野良着や作業着に裏地を重ねて縫って防寒の目的にしたり、破れたり擦れたりした時にかがって着た事から始まったともいわれている。

sasikocort.jpg

sasikovest.jpg
sasikog.jpg
sasikocover.jpg

sotokoto01-2.jpg
雑誌Pen ソトコト monoマガジン 東京カレンダー smart MAXその他媒体で取り上げていただきました

A plan produced the casual wear which used "the quilted short coat" which was a symbol of Edo trouble shooter culture, the quilting cloth in cooperation with united Arrows, Edwin (LEE) state.
With a name of the clothes which I made with the thing which I sewed, it began to be used in the Edo era so that so-called dustcloth stung a piece of cloth with "quilting" quilting finely, and it was wide as the familiar "beauty for" it, and it was used for life of the common people such as fire prevention clothing or farmclothes.
It was rich in water absorptivity so that three folds could put two folds of pieces of cloth made by cotton on top of one another as for the quilting as fire ground attire, and it was made. When I proceed to fire ground because I am drying and take in a lot of heat of fire ground, a head says that I put on water and participated. In addition, originally, as wisdom of the common people to spend the cold time warmly, the farmer and common people such as northern countries repeat lining to farmclothes and work clothes, and sew it; and of protection against the cold is aimed, and is said by sew it when can break it, and was able to rub, and having worn it even if began.

象联合阿罗的的,并且与埃温(LEE)先生共同计划,并且制作了利用了作为江户消防员文化的象征的"布片短上衣",那个布片材料的休闲装。
为所谓抹布和"布片"布片详细地扎布料而,用被在被缝制了的东西做了的衣服的名字,被在江户时代开始使用,并且被作为"供使用的带熟的美"对老百姓的防火衣服或者田间等生活来说广泛地使用。
为作为火灾现场装束的布片与木绵的布料对2层的3层叠在一起,被做正在吸水性富有。在因为干了多量吸收火灾现场的热所以前往火灾现场的时候,据说当从头戴水,正出场的时候。另外,作为老百姓用来冷时期被温暖地渡过的们的的计谋,北国的农民以及老百姓们对田间以及工作服原来重复衣料,缝制,||防寒的||为目的,这因为在被撕破,摩擦了的时候か穿戴了って所以开始了被据说。
プロフィール

いろは

Author:いろは
私達「いろは」はクリエイティブな伝統継承をテーマとした顧客獲得の御提案、オリジナル商品の企画制作などを主な活動としています。このブログではその活動をご紹介させていただきます。連絡iroha@iroha.org

We "Japanese alphabet" has suggestion, plan production of an original article of the customer acquisition that assumed the creative traditional succession a theme as main activity. This blog will introduce the activity.

在作为主要的活动由于建议,我们"伊吕波"使有创造性传统继承人了当做主题的顾客获得的原始物商品的计划创作。在这个ブログ,介绍那次活动吧。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。