スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手拭い

江戸時代、日本では綿栽培が盛んになり、綿製品が普及しました。中でも手拭いや半纏は庶民の生活に広く溶け込んでいました、手拭いは現在のタオルと違い、手や体を拭くといった使いだけでなく、ものを包んだり、被りものとして使ったり、宣伝用途等その使い方は様々でした。江戸時代中期以降、歌舞伎の発展とともに歌舞伎役者が家紋や、独自の紋様を入れた手拭いが憧れの的となり、それ以降、手拭いの柄はその時代の流行や文化を表すファッション性の高いものとして庶民の生活に溶け込んでいます。
tenugui1.jpg
ビームスオリジナル手拭い
tenugui2.jpg
御本陣 藤屋旅館(創業1611年から約400年続く藤屋さんがthe fujiya gohonjinとして生まれ変わりました)
tenugui3.jpg
八海山手拭い(昭和初期の復刻版)
In the days of Edo, cotton cultivation thrived in Japan, and cotton goods spread. Above all, the Japanese towel that the Japanese towel and the short coat worn over a kimono melted into life of the common people widely is different from a current towel, and, as well as an errand to wipe a hand and a body, wrap a thing, and use it as a headdress; and, as for the advertising uses, as for the how to use, was various. The Japanese towel which a Kabuki actor put a family coat of arms and an original pattern in with development of Kabuki becomes an object of adoration in the days of Edo after the middle, and, after it, a handle of a Japanese towel melts into life of the common people as a high thing of fashionableness to express the fashion in the time and culture.

在江户时代,日本,棉栽培变得繁盛,并且棉制品普及了。尤其手巾以及短上衣正广泛地与在老百姓的生活融合在一起的手巾擦现在的毛巾和不同,手以及身体的事||使用,并且抱住,并且不出来,并且包东西,戴,并且作为东西使用,那个的用法宣传用途各种各样了。江户时代中期以后,和仰慕的对象歌舞伎演员把独特家徽以及花纹和歌舞伎的发达一起装进了的手巾成为,并且性手巾的柄那个以后表现流行以及那个时代的文化的时装||当高的时候做,正在老百姓的生活融合在一起。
スポンサーサイト

岩塚製菓株式会社&iroha(いろは)

1947年、創業者故平石金次郎、故槇計作両氏が越路町飯塚において戦後の食糧難時代に甘味の提供として、水飴、澱粉、カラメル等の製造を開始、岩塚農産加工場として創立された「岩塚製菓株式会社」、日本一の米どころ新潟で真面目においしいおせんべい・おかきを作り続けている会社です。iroha(いろは)初の食品製造会社とのコラボレーションは消費者キャンペーンという形で実現しました。岩塚製菓株式会社の「新潟ぬれ」を購入して応募すると、越後型正藍染のエコトートバック250名様、越後型正藍染4種のランチョンマットセット250名様が抽選でプレゼントされるそうです。「新潟ぬれ 越後型藍染プレゼントキャンペーンは4月30日まで開催されています、詳細はこちら

DSCF0106.jpg
DSCF0107.jpg

For 1947 years, founder reason Kinjiro Hiraishi, keisaku maki start production such as starch syrup, starch, caramel as an offer of sweetness in Koshijimachi Iizuka in the postwar food shortage times, and it is the company which continues making a rice cracker / the persimmon which is delicious seriously in "Iwatsuka Seika Co., Ltd.", best rice granary Niigata founded as Iwatsuka farm output processing ground in Japan. The collaboration with the iroha (the Japanese alphabet) first food manufacturer was realized in form of a consumer campaign. Of Iwatsuka Seika Co., Ltd. "paint with Niigata", and eco-tote bag 250 people of Echigo type original indigo dyeing, luncheon mat set 250 people of four kinds of Echigo type plus indigo dyeing seem to be presented by a lottery を when purchase it, and apply.

在1947年,创业者理由平石头金次郎,故槇計作両氏作为甜味的提供在越路市镇饭冢在粮食困难战后的时代开始饴糖,淀粉,カラメル等的制造,并且是べい/不能被按的书写,并且继续做を的在美国的被作为岩塚農産加工場创立了的日本之最ろ"岩冢制果股份有限公司",什么地方新舄认真味道好的公司。与首次iroha(伊吕波)食品制造公司的协助用消费者宣传活动这个的型实现了。被250名的正式越後型蜡染的エコトートバック,正式4种的越後型蜡染的ランチョンマットセット250位送。
プロフィール

いろは

Author:いろは
私達「いろは」はクリエイティブな伝統継承をテーマとした顧客獲得の御提案、オリジナル商品の企画制作などを主な活動としています。このブログではその活動をご紹介させていただきます。連絡iroha@iroha.org

We "Japanese alphabet" has suggestion, plan production of an original article of the customer acquisition that assumed the creative traditional succession a theme as main activity. This blog will introduce the activity.

在作为主要的活动由于建议,我们"伊吕波"使有创造性传统继承人了当做主题的顾客获得的原始物商品的计划创作。在这个ブログ,介绍那次活动吧。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。